BORG (2)

つづき

1020㎜の焦点距離をわざわざ「だいたい700㎜」に短縮させるのはなぜか。

それは、↓のAFアダプターを使うため。
20161127-P1360276.jpg

FAFアダプターとは、
(以下ペンタックスサイトの説明文)
「AレンズなどのマニュアルフォーカスレンズとMZシリーズなどのオートフォーカス機能を持ったカメラボディの中間に装着し、オートフォーカスを可能にするアダプターです。使用できるレンズは原則としてF2.8より明るいレンズ。主レンズの焦点距離は1.7倍、明るさは約1.5段暗くなります。」

主レンズ(BORG71FL)は、F5.6ですから、説明通り原則FAFアダプターは使用不可、です。
ただし、「原則」なので、F2.8より暗いレンズが一律に動作しないわけではなく、
F値が高くなるほど合焦精度が落ちる=使用できない、という感じです。
F5.6でも日中の明るいところなど、条件によっては動作するのですが、ほとんどの場合AF動作が怪しいです。

野鳥撮影で条件がいいことはまずないので、FAFアダプターを動作させる工夫が必要。
そのFAFアダプターをうまく動作させる工夫が、「クローズアップレンズ」というわけです。

(まだ続く)

なお、だらだらと、いかにも「わかってる」風に書いてますが、
先人の方々が試行錯誤されてきたものをネットで公開されているのを、
私なりに消化してまとめたものです。
おかしな点や誤っている記述があるかもしれませんが、その点はご容赦を。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント